歯科衛生士と歯科助手の違いについて紹介しているサイト

高まる歯科業界の需要と意識の変化

歯科衛生士の主な仕事

歯科衛生士の主な仕事は歯科医院での歯科医の補佐です。
資格の必要な職業なので、難易度の高いものでなければ歯科医師のする施術を行うこともあります。
口腔ケアについての専門的知識や衛生管理についての知識を持ち、人によっては口腔ケアに関わる地域活動をすることもあります。

歯科医院での具体的な仕事は、歯石の除去や歯や口腔内の洗浄、ブラッシング指導、フッ素塗布などさまざまです。
歯科医院には最低2名程度の在籍が望ましいとされていますが、特に地域によっては歯科医院の数が増え続けていることなどにより、理想の在籍数に満たない場合も少なくありません。
需要はあり、現在も増加傾向にあるのに全体的には歯科衛生士は不足している現状があります。

歯科衛生士になるには

歯科衛生士になって働くためにはまず資格の取得が必要です。
歯科衛生士の資格は国家資格であり、専門学校または歯科衛生士養成科目のある4年生大学を修了する必要があり、これが歯科衛生士となる資格認定試験の受験資格となります。
年に1回の資格試験に合格すれば晴れて歯科衛生士です。
合格率は、養成学校や大学などでしっかり学んでから受けることもあり全体的に高いです。

現状は歯科衛生士は女性の職業として定着している傾向がありますが、近年は男性の希望者もわずかづつではありながら増加しています。
歯科医院は増加傾向にありますし、歯科衛生士の就職先は全国にあるため将来性についてもそこそこ安定しているでしょう。
手に職をつけたい人が目指す職業として選ぶ人は多いです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る