歯科衛生士と歯科助手の違いについて紹介しているサイト

歯科助手の仕事とは?衛生士との違い

歯科助手の仕事とは

歯科助手の仕事は、歯科医師や歯科衛生士の補佐業務から歯科医院での事務仕事まで幅広いものです。
歯科の施術はドクターや歯科衛生士が1人で行うこともありますが、助手付きで行うこともあります。
施術後の汚れの除去や掃除、など簡単な作業をすることが多いです。
歯科医院の方針や職場環境にもよりますが、清掃や衛生面に関わる作業が多いこともあるのでそこを前提として考えた方が良いかもしれません。

また、全くの事務方として働く歯科助手もいます。
ドクターや歯科衛生士の補佐もでき事務仕事もできるので重宝されますが、できることや任されることが多いので基本的に忙しいでしょう。
なぜ歯科助手として働きたいのか、自分の中で明確なものが無ければなかなかハードに感じることがあるでしょう。

歯科衛生士とはどこが違う?

歯科助手と歯科衛生士の1番の違いは資格の有無です。
歯科衛生士は国家資格を有していなければ名乗ることも勤めることもできませんが、歯科助手は資格を持っていなくても勤めることができます。

ドクターにしか許されない施術もありますし、歯科衛生士までは許される施術があるので触接的な医療行為をすることはありませんが、その助手として側に居て手伝いをするような業務はあるので歯科医院での仕事について知る機会は多いでしょう。
事務や受付など、歯科施術というよりは歯科医院の運営において浅く幅広く関わるポジションであると言えます。
歯科医院一軒につき1人もしくは2人程度の在籍が一般的です。
将来的に歯科衛生士を目指したい人が空気感を掴むのに就職するケースもあります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る