歯科衛生士と歯科助手の違いについて紹介しているサイト

歯科衛生士と歯科助手のメリットデメリット

歯科衛生士のメリットデメリット

歯科衛生士となって働く上での大きなメリットとしては国家資格であり、有資格者しか働くことができない歯科医院での職があるという点です。
歯科医院は全国にあるので、遠方へ引っ越したりなど、ライフスタイルが変化しても続けやすく、何か生活に変化が生じても復帰しやすい職種の1つと言えるでしょう。

そして現状そこそこの需要が見込めるということもメリットでしょう。
この不況にあって、求人が安定的にあり職場が合わなくても別の場所で働くことが考えやすいという点は人によっては大きなメリットでしょう。

デメリットとしてはさまざまな人の衛生面に関わることになるので、そこに抵抗感のある人だと厳しい場面は多いでしょう。
医療行為であり、人の口腔環境の向上に意義を持って取り組める意識が大切です。

歯科助手のメリットデメリット

歯科助手として歯科医院で働くメリットは、歯科医院での仕事で専門的な現場を知ることができるという点、また求人が安定的にあるという点が1つあります。
歯科衛生士のような専門的な医療行為に携わることはできませんが、歯科医院でのオールマイティーな仕事役として事務処理をしたりなど役割は細かく多いのが特徴です。
そこにやりがいを感じられる人には合っているでしょう。

デメリットとしては、歯科衛生士のような有資格者ではないため給料にも差が出ますし、キャリア形成を考えるならずっと続けるにはもったいないという見方もできる点です。
現状に満足しているなら何ら問題はありませんが、将来的には歯科衛生士を目指したいなど展望がある場合は計画的な就労がオススメです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る